格安バーチャルオフィスを選ぶ際の注意点 格安バーチャルオフィスを選ぶ際の注意点

格安バーチャルオフィスを選ぶ際の注意点

バーチャルオフィスは、都心の一等地の住所で法人登記できることから、起業をする際にコストメリットが大きく非常に便利です。一方、バーチャルオフィスの利用において注意する点もあります。

そのバーチャルオフィスの住所と会社の所在地

バーチャルオフィスの最大のメリットは都心の一等地の住所を会社住所として利用できることです。バーチャルオフィスを利用することで、格安の料金で銀座や青山などの住所をレンタルし、法人登記をすることが可能となります。
住所はホームページや名刺に記載ができ、会社の信用に直結しますので、バーチャルオフィスの住所は一番初めにチェックするポイントです。
格安のバーチャルオフィスで多いのが東京の下町エリアやビジネスの中心地から外れたエリアです。バーチャルオフィスを利用するなら東京でも中心の港区、渋谷区、新宿区あたりがおすすめです。
タピオカでは港区でも人気エリアの南青山をレンタルできます。

基本料金とオプションサービスの料金

バーチャルオフィスのメリットは、コストを抑えて法人登記や各種手続きに必要な住所を手に入れられることです。住所のレンタルが基本サービスですが、郵便物の転送、秘書電話サービス、会議室スペースの利用など様々なオプションサービスがあります。
特に郵便転送はビジネスする上で非常に重要なポイントですので、サービスの詳細は事前に確認することをおすすめします。
格安のバーチャルオフィスの会社によっては郵便転送がうまく運営されていないケースが口コミなどで散見できますので注意が必要です。タピオカは郵便転送をしっかりと運営していますのでご安心ください。

川辺の女性

解約に関する事項

バーチャルオフィスを利用する際は、利用契約を交わします。
格安のバーチャルオフィスを選ぶ際は特に解約の詳細を確認しておきましょう。利用開始からは半年間の退会が認められないなどの制約も多くあります。稀に、解約時に高額な違約金が発生するバーチャルオフィスもありますので、バーチャルオフィスの利用前に確認しておきましょう。
タピオカでは解約時も違約金など発生しないので安心してご利用いただけます。

貸し会議室の有無

時には取引先との会議や打ち合わせをする際に、物理的な商談スペースが必要となることもあります。オプションサービスとして、会議室の利用ができるのかは事前に確認しておくと良いでしょう。
ポイントは駅チカ、時間料金です。タピオカでは完全個室で駅から徒歩一分、時間450円といった格安ですので、商談だけでなくビデオ商談などに多く使われております。

テーブルで打合せ
新規お申込みをご検討のお客さまへ、気軽にお問合せください。お問合せ、資料請求、電話でのお問合せはこちら。 お問合せはこちら 資料請求はこちら 電話でのお問合せはこちら
業界最安値バーチャルオフィスのお申込み

この記事のタイトルとURLをコピーしました。

PAGE TOPto top